未経験でも歓迎の理由

タクシー運転手の求人は未経験でも歓迎される理由

転職業界では経験が優遇される事が多い中で、タクシーの運転手の転職求人では年齢制限がなく、未経験を歓迎とする企業が多いです。またタクシー運転手と言うと、男性を積極的に採用するイメージが強いですが、最近では女性タクシー運転手を熱望する企業が少なくありません。他の業種と異なって年齢制限がなかったり、未経験でも問わない、男女問わないと寧ろ「人物重視」である場合が多いです。

タクシー業界での求人の際、求められる人物像とは各企業によって若干異なりますが、各企業の方針があるので素直に方針に従ってくれる偏見のない気持ちが必要になります。他社で経験を積んだ事は強みにもなりますが、時には新しい企業になじむ際に知識や経験が邪魔をして足かせになってしまう場合もあります。特に接客要素が強いタクシーの求人ではイメージを壊さない様、企業の接客マニュアルに添った仕事ぶりが必要となります。この為、他社のやり方や経験で自社のやり方が上手く出来ないとなると企業としては困ってしまう事から、経験や知識が乏しい未経験者でも歓迎とする理由がここにあります。しかし未経験だからと言ってもすべての人が採用されるわけではありません。タクシー運転手の仕事は乗客の希望する目的地に移動するだけが仕事ではありません。運転技術の他にも乗客に対しての「配慮」や「気遣い」が大切です。特に女性は女性目線ならではの「配慮」や「気遣い」が出来るとして子供やお年寄り、同性客からも高い支持を得ています。運転技術を活かした職業に就きたいという人も大いに歓迎されますが、乗客の気持ちに添った運転をしたいと思える人材も欲している所が現状です。

タクシーの運転手になる為には何か資格がいるかというと、第一種自動車免許以外にもお客様を乗せて車を運転するための技術や知識の第二種自動車免許が必要です。面接時に第二種免許を取得していれば就職後に比較的早く乗客を乗せて働く事が出来るでしょう。しかし、面接時に取得していなくても入社後に取得のサポートを得られる企業も多いです。その場合には研修費を全額負担したり、一部負担する所などさまざまです。研修という形で企業に属しているので給与の面では貰えたり、時給単位での計算となる場合もあるので事前に確認が必要です。今ではお年寄りや子供の利用など幅広い層での利用客が増えている事から、介護関係の資格などを持っていると知識を活かせれるでしょう。